ページトップへ戻る

まずは二人が知るKIZUNAについて教えてください。

高橋: 自分が入った頃はまだまだ小さな会社で、よそのビルに間借りして働いていました。二人コンビで、隅っこに机を置いて。
そして引っ越しをして少しだけ大きな事務所になって、それでも雑然とした事務所で。それが今ではこんなキレイなビル。社用車があって、iPhoneやiPadも支給されて、いろんな商材を紹介するためにデザイナーが作ったパンフレットも揃っていて。正直、今の子たちがうらやましいです。
黒田: そうですよね、色々と揃っています。そして設備やガジェットだけでなく、何よりも研修制度が充実しています。
僕は今まで現場監督をしていて営業未経験で入社したんです。もちろんWEBの知識も無い。不安でいっぱいでしたし、なんで自分を採用したんだろうとも(笑)
それが一から教えてもらって、三ヶ月の研修期間を経て無事に正社員に。その時点でホッとしていたのに、たった9ヶ月で主任に昇格。そしてその3ヶ月後には課長代理に。何も知らない僕に丁寧に教えてくれたり励ましてくれたり、時には叱ってくれた先輩のおかげですね。
黒田センパイの場合
1年5ヶ月で課長代理に昇格!
Step up!
Step up!
黒田センパイ
研修中
社員
主任
課長代理
高橋: やったらやった分だけ返ってくるからね。それに今は会社がどんどん成長し変化している最中。PCサイトの制作にスマホサイトの制作、ポータルサイトがあったり、最近ではTポイントの正規加盟営業店になりました。一次店なんで、これって「Yahoo!」と同じ立場ですよ!最初は驚きました(笑)
そんな感じで新商材が出てきたり、新しい課が生まれたり、それに伴い役割やポジションも増える…。今までやってきて思ったことは、年齢を重ねたから偉いんじゃなくて、年齢に伴って経験も増え成長できる、そしてそこを尊敬してもらえる。会社だけじゃなくて自分も成長できるのがKIZUNAです。
だからポストにも実力が伴うし自信を持ってみんなやっている。ダメな時も腐らない。自分はもう40代後半、長く続けられる環境ですよ。

入社から1年半で課長代理に。未経験の自分に丁寧に教えてくれた先輩たちのおかげです。

この仕事をしていて、どういったときに楽しいと感じますか?

黒田: 色んな経営者の方と出会えるのはすごく刺激になります。自分も成長しないと、と思いますね。
僕はまだまだですけど、いずれは課長にもなりたいですが、今はまだ学ぶことも多いので考えていません。今年の目標は、自分の成長もですが新しく入ってきた人とコンビを組んで、自分が育ててもらったのと同じように誰かを成長させることができるような人材になりたいですね。
高橋: そうそう。KIZUNAの場合は100%代表の方とお話をするからね。様々な業種の会社の代表と話すのはすごくためになるし、頑張ろうとも思えます。
前に勤めていた旅行代理店のときは、担当の人と喋るくらいだったんですが、それが今では必ず代表の方とお話をさせていただきます。
これはウェブサイトというものが会社やお店の顔になるもので、将来を左右するかもしれないとても重要なものだから。どんな規模の会社でも責任を持って会社を率いている人はすごい、そんな人から毎日刺激をもらっている。車屋さんから話を聞いて「車検に出すのはあそこにしよう」なんて思ったり、不動産屋さんから話を聞いて「家を買うときはこうしよう」なんて思ったり、実はプライベートでも役立つんです(笑)
営業スタイルも会社によって様々。以前は飛び込み営業でしたが、今は約束している代表と会うのが仕事。アポイント担当がいて、WEBなどのサービスで事業を後押しすることを伝え、需要のある方に案内をする。「自分の訪問をお客様が待ってくれている」という状態は、飛び込み営業とは天と地ほど違いますね。

アポイント担当が約束を取り付け、自分の訪問をお客様が待ってくれている。飛び込み営業とは天と地ほど違う。

嬉しいとき、やり甲斐を感じる時は?逆に、辞めようと思ったことってあるんですか?

高橋: 今は新人教育を任されているので、若い子たちの成長がとても嬉しいです。契約を取れたとかそれだけじゃなくて、ひとつずつステップアップしていくんです。
この子はこれが得意だけどこれは苦手とかも理解しながら一緒に頑張っていって。長所がもっと伸びた、苦手なものを克服した、そんな喜びを毎日感じています。
職場では常に「声かけ」を意識しています。お互いに相手を気遣える環境であることが何よりも大切ですからね。
黒田: 毎日成長してると実感できることです。もっともっと教えてもらいたいし、テクニックも盗んでいきたい。自分はまだまだ発展途上、これからも成長できると信じているので、辞めようと思ったことは一度もありません。今辞めるなんてもったいなさすぎます!
あと、お客様のブログで「KIZUNAさんのおかげで業績が上がった」と書いてくれていたことがありました。あの時は感動しましたね。
高橋: 実は私はありますね、辞めようと思ったこと。何をやってもうまくいかなくて、成績も落ちて、自分は必要ないんじゃないかと勝手に思って、完全に悪循環。でもそんなときに部署異動があったんです。新しいプロジェクトが発足することになって。新しいことを始めるって大変なんですよね。バタバタしているうちにそんなこと忘れていました。いつの間にか上手く回っていたんですよね。「辞めたい」と口にしたことはなかったんですが、上司は気付いていたんだと思います。
そして私にチャンスをくれた。昔、上司に言われた「変化はチャンス」という言葉が身に染みたし、この言葉があったから頑張れました。
黒田: 高橋さんは、以前にスマートフォンサイトを商材として扱うとなったときにプロジェクトチームの一員に任命されたんですよね。そのときに初契約を上げたのは高橋さんだったと伺っていますよ。これってめちゃくちゃ嬉しいし、励みになりますよね。今もKIZUNAは「変化」をしているとき、まさに「チャンス」ですね。

他の先輩にも聞きました他の先輩にも聞きました

これからどうなりたいですか?個人としても会社としても。

高橋: 今、会社にいる若い子たちや、これから入ってくる人たち、みんなが成長して会社の中核になっていけば、もっともっと成長するはずです。
育成担当として頑張りながら、自分も成長したい。日々の積み重ねを大事にしながら。
黒田: 僕ももっと頑張ります!覚えたいこともまだまだあります!一社員としても、人間としても成長したいですね。
そして会社はもっと大きいところにオフィスも引っ越す予定ですし、大きくなっていくのは間違いないですよね。今が絶対に入社するチャンスだと思います。
僕はとても良い時期に入ってきたと思っているんですが、この「変化」は今も右肩上がりで続いています。いろいろ任せてもらえて良いポジションにもつけた。
自分はまだまだですが「若くても、未経験でも、誰にでもチャンスがある」と証明できたんじゃないでしょうか。
高橋: そう、変化はチャンスですからね!

就職活動をしている方へメッセージをお願いします。

高橋: 「負けん気が強い」なんてことも営業には大事ですが、何よりも大事なのは「相手のことを考えられる」ということ。お客様の立場になって考えられないと最善の提案はできないですからね。チームの皆に対してもそれは同じです。未経験の人もご安心を。気負わなくても大丈夫、しっかりとした研修プログラムを用意して待っていますよ!
黒田: 僕が営業をして学んだのは「素直」でいることが大事だということでした。「素直」といってもYESマンになれという意味ではありません。
上司や先輩から時にはキツイことを言われるかもしれませんが、それも愛情だと気付きました。全て自分の成長のために言ってくれているんだと素直に受け止める心が大事だったんです。
誰にでもチャンスはあります!一緒にチャンスを掴みましょう!!
株式会社KIZUNA
02.Recruit 求人情報 募集職種 募集要項 選考フローなど、詳しくはコチラからご覧ください